ニキビケア情報局

ニキビに効果的な洗顔方法

ニキビのある方は、きつい洗顔料を使うと角質が角化しやすくなるので、刺激の弱い洗顔料をおすすめします。
そもそも、ニキビは、脂がたまった状態なので、脂を溶かしてその脂を落とすことが大切です。

 

使う洗顔料の量は、たっぷりで洗顔するのがいいです。目安としては、500円玉くらいの大きさの円の山盛りくらいです。
洗い方は、きつくこするのではなく、優しく包み込むようにくるくると肌になじませながら洗っていきます。

 

洗顔

 

ゴシゴシこすることは、シワの原因にもなりますから、優しく洗うことが基本です。
こうすることで、肌が柔らかくなり、脂が浮き出てくるのです。

 

にきびがあると、つい一生懸命こすってしまいますが、その刺激がさらに肌やニキビを悪化させることになります。
出来る限り刺激を与えないように、優しく洗いましょう。
ニキビに注意しながらも、それ以外の肌の状態にもあわせて、洗顔方法をわけて洗います。

 

また、美しい肌になるためには、洗顔料を泡であてて泡で洗うことをお勧めします。
髪の毛の生え際や小鼻は皮脂や汚れが溜まりやすいので、ニキビができやすくなります。ニキビを防ぐ目的で、特に丁寧に洗います。

 

また、乾燥しやすい目や口の周りは、あまり丁寧に洗いすぎると、肌が乾燥しますから、短時間でさっと洗顔します。
忘れがちなのですが、あごのラインも優しく洗顔料をなじませてくるくるします。

 

あごもニキビが出来やすい場所ですから忘れないようにします。
脂が浮いてきたら、ぬるま湯で優しく洗顔料を洗い流します。水ではなく、お湯でもなく体温くらいのぬるま湯がポイントです。

 

お湯は、肌を乾燥させてしまいますし、水は、毛穴が閉じてしまって、脂をうまく排出できないので、ぬるま湯がベストです。
すみずみまで、洗顔料を落とし、肌に残らないようにします。

 

肌に残ってしまうと、その洗顔料がニキビに刺激となり、ニキビが悪化する原因になります。ですから、きちんと落としましょう。

 

特にニキビ肌の人が気になるのは、どの洗顔料を使ったらいいのか?といった疑問ではないでしょうか。
市販でもネットでも様々なニキビ洗顔料がありますが、おすすめがニキビ洗顔ランキングです。

 

このサイトですと、ニキビ専用の洗顔料が石鹸からチューブ式まで様々なものが比較されています。
ご自身にあったニキビ洗顔料がきっと見つかるはずです。

 

高品質なニキビ洗顔料で、正しい洗顔をすることで悩ましいニキビから解放されることでしょう。

 

 

 

 

ニキビがどうしてもできてしまう人。お金をかけて高級な化粧品を使えば、割とすぐによくなる場合があります。

 

でも、ごく一般の人はニキビごときにお金なんてかけられないって思っていまよね。
もちろん、お金をかけずにニキビを治す方法はいくつもあります。

 

例えば、あまりにもひどい場合はお医者さんに行くことです。
皮膚科を受診するのはお金がかかると思っている人がいるかもしれませんが、一番効果的な方法であり、トータルで見ると安くすむんです。

 

皮膚科治療

 

初診の場合は診察料金がかかりますが、次からは処方箋を出してもらうだけで薬を出してもらえます。
これで他の市販薬を買う必要がなくなりますよね。

 

また、皮膚科でのニキビ治療はたいていレーザー治療でもしない限り保険適用です。
適用範囲外の処置をしてもらいたくなければ、事前に申告しておけば、適切に治療をしてくれます。

 

それに、皮膚科で購入できる化粧水なども保険の範囲内です。
あれこれ悩む時間や試す時間を考えれば、お医者さんに行って、ベストの治療を受ける方が長い目でみれば安上がりです。

 

それから、突然できてしまったニキビに対して、市販薬は高すぎるという人のおすすめなのがオロナインです。

 

あまり塗りすぎるのもよくないですが、携帯タイプで200円代ととってもお買い得。
海外ならばニベアの青缶なんかがおすすめです。
寝ている間にニキビにきいて、少しはマシになること請け合いです。

 

最後に、ニキビを悪化させないためにはニキビを触らないことが大事です。
特に生理前などはどうしてもホルモンバランスが乱れるのでニキビが出来がちだったりします。

 

こういう時は無理せずに甘いものを控えるのが有効です。
ニキビができやすい時期にスイーツは避けましょう。

 

逆に生理中はストレス軽減のためにも甘いモノを補給してもOKとしておけば、ニキビもできづらいです。
生理の周期をうまく利用すれば、ニキビが比較的できづらく、治療する必要もなくなります。

 

 

ニキビを治したいとき、化粧水を変えたり、パックをしたり、エステにかよったり、ありとあらゆる商品を試してはいませんか?

 

ここで、考えなくてはいけないのは、そもそも何故ニキビができてしまうかです。
いくら外側からお肌のケアをしても、根本的な問題が解決されなければニキビは再び表面にでてきてしまうでしょう。

 

では、何故ニキビができるのか。
ここでは思春期によるホルモンバランスの乱れからくるニキビではなく、いわゆる大人のニキビについての説明です。

 

ニキビと健康

 

ニキビというのは体の中にある毒が、体の外に出ようとしたときに時に炎症等を伴い表面に出てきたものなのです。
本来人間の体は、便や尿、汗などで体の中にある毒素を、体外へ排出し常に体の中をきれいに保とうという働きがあります。

 

例えば、食中毒で言えばわかりやすいでしょうか。
食品を通じて、体内に毒素が入ります。この場合毒素が強力で暴れますが、体としてはなんとかこれらを体外へ出そうと下痢や嘔吐反応を起こします。

 

ニュースでも話題になったのですが、以前O-157で病院搬送された際、患者の下痢症状を止めようと医師は下痢止めを処方しました。体の中にとどまるしか居場所のなくなった毒素は更に脅威を増しました。

 

反応の強度は違えど、システムは同じなのです。体の毒とは、多くは食べ物に由来するでしょう。もちろんストレスや環境汚染等も原因となり得ます。

 

ちなみに、毛穴が開くのもそうです。毒素が外へ出ようと毛穴を広げます。
うまく汗をかくなど運動に励んだり、食品を上手に選ばないとニキビは治りません。
便秘も体に毒を溜めこんでいる状態なので、便秘気味の方で肌がきれいな方は少ないでしょう。

 

新しい商品や、ニキビにきくといわれる食品や薬品を取り入れるのも結構ですが、ニキビを作る悪い食習慣、運動不足を改善しましょう。

 

まず、砂糖などの甘い物、パンやパスタなどバターが入った小麦粉製品を辞めてみてください。
数週間で顔のベタベタはなくなりさらさらになります。
運動がそこに加わるともっと早くに効果を実感できるでしょう。

 

とてもシンプルですが継続は難しいものです。
しかし、生活習慣を変えないとニキビは治りません。
たとえ薬で治ったとしても、根本的な毒の排泄にはつながっていないためその毒がどこかで悪さをするかもしれません。

 

ニキビだけでなくトータルの健康ケアを心がけましょう。

 

大人ニキビは、きちんと正しい処置法で速やかに手を打たないと、ニキビ跡に発展して色素沈着する恐れがあります。
ニキビ跡は、すばりニキビの炎症で肌が酷くダメージを受けた証とも言えます。

 

ニキビ跡

 

大人ニキビは、思春期ニキビとは違って、約4段階の進行ステージに分類されます。
まず第1ステージが初期ニキビで、少し炎症を伴ってるのが第2ステージの白ニキビです。

 

ここから更に症状が進めば第3段階の悪化ニキビになり、やがて完全治癒が困難になる重症ニキビになっていきます。
先ずニキビ跡が容赦なく発生する可能性が高いのは、言うまでもなく第3段階の悪化ニキビと最悪レベルの重症ニキビです。

 

悪化ニキビは、いわゆる赤く腫れ上がったニキビ状態の事を指し、毛穴周りの皮膚がどんどん酸化し、皮脂が溜まりに溜まって毛穴が限界に感じて外に飛び出る状態です。この悪化ニキビは痛みも伴い、気になるあまり思わず指で潰してしまう人が意外に多く、ニキビ跡としてそのまま発症させてしまうケースがあります。

 

そして最悪レベルと言われる重症ニキビは、一般的に黄ニキビと呼称が付いており、血や皮脂が混じった膿が出てくるまでになります。ここまでくれば、肌の基層部分である真皮や皮下組織にもダメージが及んでいるケースが多く、治癒に相当な時間が掛かると思われます。

 

このような事態を避ける為には、くれぐれも日頃からニキビ発症の大きな要因となるアクネ菌を除去するケアが必要です。

 

そしてニキビ跡を作らせない肌になるには、一刻も早く肌の代謝機能を高めることが重要になります。
代謝機能を高めるには、自宅でも簡単に行える毛穴のピーリングが効果的ですし、バランスの良い食事と睡眠、何よりストレスを浴びない生活を送る事です。

 

もし既にニキビ跡ができているなら、ビタミンC誘導体配合のニキビ跡専用の基礎化粧品を手に入れてみましょう。
今は沢山の有名メーカーからビタミンC誘導体配合の化粧品は販売されていますが、その中でもセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分も豊富に入っていると、ニキビ跡には更に有効です。

 

そしてビタミンC誘導体の濃度は少なくても5%以上のものを選び、肌の奥底までしっかりと届ける能力がある商品を選びましょう。

 

 

思春期ニキビや大人ニキビと年齢とともに名称も変わっていくニキビですが、原因としてはやはり食生活も関係があります。
よくチョコレートを食べ過ぎるとニキビになるよ、と言うのを聞きますがまさにその通りですね。
チョコレートを始め脂肪分や糖質が多い食品を食べるとニキビが出来やすくなるのは確かです。

 

チョコ

 

その他にも肉類を食べ過ぎたり、脂っぽい物を食べ過ぎてもニキビが発生しやすくなります。
もちろんこれらの食材を食べるのは完全に悪いとは言えないですが、ニキビとなる原因に共通して言えるのが食べ過ぎるといけないと言う事です。

 

程良い量なら問題が無くても、多量に摂取すると体内で消化できなくなり老廃物が肌トラブル、ニキビの出来る原因へと変わって行くのです。ニキビだけではなく健康にも問題を起こしかねないので、食べ過ぎているなと思ったらどの食材でも注意が必要です。

 

逆にニキビが出来にくくなる食材とは何でしょうか。もちろんバランスのとれた栄養のある食事を摂る事が大前提です。
その中でも特に取り入れたい食品は納豆ですね。
納豆は発酵食品の代名詞とも言えますが、ニキビの出来にくいお肌を作る上では効果的な食品です。

 

納豆はよく便秘解消に効果があると言われます。ニキビにとっては便秘も原因の一つです。
便秘を解消するためには腸内を綺麗で健康な状態にする必要があります。

 

納豆をはじめとする発酵食品には腸内を健やかにする働きがあるので、積極的に食事に取り入れる事によってニキビの予防、肌トラブルを防ぐ事が出来ます。

 

他にはヨーグルト、豆乳なども効果的です。特に女性ホルモンのバランスが崩れた時にもニキビは出来やすくなるので、内臓の働きを良くする事によってそれらの予防にもなります。

 

ヨーグルトの効果を高めるにはハチミツと合わせて食べると菌が腸まで届きやすいようです。
朝と夜で違う種類のヨーグルトを食べても違った菌同士が良い働きをしてくれます。
美容に良い食品を摂ってニキビのないお肌にしたいですね。

 

 

乾燥

乾燥肌なのにニキビが顔に出来てしまうと、スキンケアなども脂性肌向けのニキビ改善商品が多い事もあり、どうすれば良いのかと迷う事もあります。

 

ニキビは肌のバリア力が弱ってしまった時にも起こる事がありますし、ストレスや外部の刺激などでも悪化する事もあります。

 

肌が脂性肌だからニキビが起こるという事でもなく、肌のターンオーバーなどがうまくいかない時などには起こる事も多いと言われています。

 

ですから、スキンケアだけではなく、ニキビが肌に出来てしまった場合は全体の生活までも見直す必要性があるのです。

 

特に見直したいのが生活環境なのですが、睡眠時間を削ってしまったり、あるいは生活のリズムを崩してしまった時にもニキビは出来やすくなります。これは肌質には関わらず、肌リズムが崩れてしまうと誰もがニキビが出来やすくなる原因になるのです。

 

さらに、食生活なども見直す必要性があります。
乾燥肌だからと言って、脂質の多い物で肌の油分は補えませんし、コラーゲンなどの摂取をしようと思ったところが、
過剰になってしまい肌にも影響を与えてしまう事は充分にありえます。
ですから、食物繊維などの多い生活を心がけ、バランス良い食生活をしていく必要があります。
特に便秘はニキビに大敵ですので、自然なお通じがあるように心がける事です。

 

一方でスキンケアなどもやはり改善しなければなりません。
特に肌に影響を与えているのが保湿不足によるインナードライの場合が多いので、
セラミドやヒアルロン酸などの、保湿効果の高い化粧水などをたっぷりと使っていく事も大切です。

 

特に乾燥肌の場合は、アルコールが入っている物やふき取り化粧水は刺激になる事があるので要注意です。
角栓などを取り除きたい場合などは、化粧水でケアする前に乳液などで肌を柔らかくし、蒸しタオルなどで優しくふき取るのも効果的です。

 

このように乾燥肌のニキビケアには気を遣うべき事はたくさんあるのですが、
基礎化粧によるケアと食生活、さらに生活習慣のすべてを見直す必要性があるのです。