乾燥肌 ニキビ ケア

乾燥肌にニキビが出来るの原因とそのケアのポイント

乾燥

乾燥肌なのにニキビが顔に出来てしまうと、スキンケアなども脂性肌向けのニキビ改善商品が多い事もあり、どうすれば良いのかと迷う事もあります。

 

ニキビは肌のバリア力が弱ってしまった時にも起こる事がありますし、ストレスや外部の刺激などでも悪化する事もあります。

 

肌が脂性肌だからニキビが起こるという事でもなく、肌のターンオーバーなどがうまくいかない時などには起こる事も多いと言われています。

 

ですから、スキンケアだけではなく、ニキビが肌に出来てしまった場合は全体の生活までも見直す必要性があるのです。

 

特に見直したいのが生活環境なのですが、睡眠時間を削ってしまったり、あるいは生活のリズムを崩してしまった時にもニキビは出来やすくなります。これは肌質には関わらず、肌リズムが崩れてしまうと誰もがニキビが出来やすくなる原因になるのです。

 

さらに、食生活なども見直す必要性があります。
乾燥肌だからと言って、脂質の多い物で肌の油分は補えませんし、コラーゲンなどの摂取をしようと思ったところが、
過剰になってしまい肌にも影響を与えてしまう事は充分にありえます。
ですから、食物繊維などの多い生活を心がけ、バランス良い食生活をしていく必要があります。
特に便秘はニキビに大敵ですので、自然なお通じがあるように心がける事です。

 

一方でスキンケアなどもやはり改善しなければなりません。
特に肌に影響を与えているのが保湿不足によるインナードライの場合が多いので、
セラミドやヒアルロン酸などの、保湿効果の高い化粧水などをたっぷりと使っていく事も大切です。

 

特に乾燥肌の場合は、アルコールが入っている物やふき取り化粧水は刺激になる事があるので要注意です。
角栓などを取り除きたい場合などは、化粧水でケアする前に乳液などで肌を柔らかくし、蒸しタオルなどで優しくふき取るのも効果的です。

 

このように乾燥肌のニキビケアには気を遣うべき事はたくさんあるのですが、
基礎化粧によるケアと食生活、さらに生活習慣のすべてを見直す必要性があるのです。